スポンサーサイト

Posted by silentkiller on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IRC(LimeChat2)でのキーワード反応方法

Posted by silentkiller on 16.2010 IRC,TS3導入方法 0 comments 0 trackback
まずは、LimeChat2で設定画面を開き、「キーワード」をクリックします。では、「キーワード」に反応させたい文字列(自分の名前、クランの集合キーワードなど)を指定します。続いて、「禁止キーワード」にキーワードを含んでいるが、反応させたくない文字列を指定します。2010y07m16d_194755707.jpg

その設定が終了したら、「サウンド」をクリックして、「キーワード反応」にチェックを入れましょう。「離席状態の時...」は各自の好みでOKです。
2010y07m16d_195150292.jpg
これだけではIRCでの呼び出しがあった場合でも音を鳴らすことができません(音源の指定がないため)そこで、『キーワード反応』(チェックボックスではない)の文字をクリックした状態で現れる「参照」ボタンをクリックします。好きな.wavファイルを指定して、完了です。

以上でIRCで呼び出しがあった際に音を出して呼び出しがあったことを知らせてくれます。
スポンサーサイト

IRC導入方法

Posted by silentkiller on 16.2010 IRC,TS3導入方法 0 comments 0 trackback
ここではIRC(LimeChat2)の導入方法をお教えします。

IRC ダウンロード

LimeChat 2.38をダウンロードし、インストールします。

●インストール

2010y07m16d_192625889.jpg
初めてLimeChatを起動すると「IRCの世界へようこそ」の画面が現れるので、最低限の設定をはじめるを選択してウィンドウ右下の「>>」ボタンを押します。

●ニックネームと接続するサーバーの選択
2010y07m16d_192651417.jpg
ニックネームにはあなたが普段使用している名前を15文字以内で入力してください。別の名前を使いたい場合はこの限りではありません。

接続するIRCサーバーはプルダウンメニューからxxx (Friend Chat)と書かれている物を選択してください。通常はirc.friend-chat.jp (Friend Chat)を選択すれば問題ありません。

2個所の設定が終わったらウィンドウ右下の「>>」を押してください。

接続するIRCサーバ は ▼をクリックするとリストに
irc.friend-chat.jp

●IRCチャンネル設定
2010y07m16d_192720733.jpg
起動と同時に接続するにチェックを入れると、LimeChatを起動したときに自動的にサーバーへ接続するための設定です。の意味が解らない場合はチェックを入れたままにしてください。

接続したときに入るチャンネルの項目では追加ボタンの左にあるフォームに#KiLLeRzと入力し追加ボタンを押します。その際にチャンネル名頭にある「#」は必ず入力してください。他に入りたいチャンネルがある場合は更にチャンネルを同じ手順で追加してください。

全てのチャンネルの設定が終わったらウィンドウ右下の「>>」を押してください。以上で全ての設定が終わり、サーバーへ接続されます。次回の起動から今回設定した内容で接続が行われます。


●LimeChatの画面の見方
2010y07m16d_192741963.jpg
1.チャンネルログ。選択しているサーバーの会話は全てここに表示されます。
2.入力テキスト。発言したい時やIRCコマンドを入力したい場合はここに入力します。
3.全体ログ。現在選択していないチャンネル以外のログなどが表示される画面です。
4.ユーザーリスト。選択しているチャンネルに入っているユーザーの一覧が表示されます。
5.サーバー/チャンネルリスト。サーバーやチャンネルを選択する場所です。

IRCサーバーへ接続してからチャンネルへ入室するのに数分かかる場合もありますが、そのまま待っていれば接続されます

TS3導入方法

Posted by silentkiller on 16.2010 IRC,TS3導入方法 1 comments 0 trackback
ここではWindows向けのTeam Speak3の導入方法をお教えします。

●ダウンロード

Teamspeak3 ダウンロード

Client-32-bit 3.0.0-beta12をダウンロードし、保存先を決めて保存してください。


●インストール

ダウンロードしたファイルの中にTeamSpeak3-Client~.exeがあるので起動します。
2010y07m16d_123126253.jpg
インストーラが起動したら順次Next>をクリックするとインストールが完了します。


●セットアップウィザード

TeamSpeak3を初期起動した時でます。
2010y07m16d_124521884.jpg
※Teamspeak3の初期設定が行えます。

[ニックネーム]後で変える事も可能です。
2010y07m16d_124530671.jpg


[マイクの設定] 自動検知かプッシュトークを選択できます。
2010y07m16d_124541147.jpg
プッシュトークの割り当ても載せておきます。

まず自動検知を選んだ方
2010y07m16d_124712111.jpg
音声テストを押すと、マイクが周囲の音を拾い始めます。
実際に話したときにTeamSpeak3が音声を認知するのは赤枠のバーを超えたときです。
バーが左過ぎると生活音などの雑音を拾い、右過ぎると声が聞こえなくなります。
これを踏まえて、サウンドデバイスの音量とこのバー左右にドラッグして調整します。
実際に話すと自分の声が聞こえ、何も話してないときに雑音が入らないように設定してみて下さい。

プッシュトークを選んだ方
2010y07m16d_124653017.jpg
実際に話したときにTeamSpeak3が音声を認知するのは設定したホットキーを押したときです。
画像はMOUSE BUTTON 4を設定した場合で、MOUSE BUTTON 4を押したときに音声を認知します。
ホットキーを押しながら実際に話すと自分の声が聞こえるか確認して、
何も話してないときに雑音が入らないようにサウンドデバイスを設定してみて下さい。

音声を認識しない場合
一旦セットアップウィザードを終了します。
メニュー[設定]→[オプション]→[録音]→[録音デバイス]で正しいデバイスを選択します。

[ミュートの設定] ホットキーを押すとTeamSpeak3がミュートになります。
2010y07m16d_124722039.jpg

完了して、これでおしまい!


 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。